NEWS →view all

WORKS

PROFILE

@eiji_okuda 奥田 瑛二
映画監督・俳優 1950年3月18日愛知県春日井市生まれ

1979年、にっかつ『もっとしなやかに もっとしたたかに』(藤田敏八監督)で主役に抜擢され、頭角を表わす。
1986年『海と毒薬』(熊井啓監督)で毎日映画コンクール 男優主演賞受賞。
1989年『千利休・本覚坊遺文』(熊井啓監督)日本アカデミー主演男優賞。
1994年『棒の哀しみ』(神代辰巳監督)ではキネマ旬報、ブルーリボン賞など9つの主演男優賞を受賞する。
2001年、映画『少女~an adolescent』を初監督。同作はヴェネチア映画祭他多くの映画祭から招待を受け、第17回パリ映画祭、第16回AFI映画祭でグランプリを受賞。
以降『るにん』『長い散歩』『風の外側』と作品を送りだし、2006年『長い散歩』は第30回モントリオール世界映画祭グランプリ・国際批評家連盟賞・エキュメニック賞の三冠を受賞。2009年同映画祭の審査員を務める。
2013年、監督最新作『今日子と修一の場合』(安藤サクラ・柄本佑主演)が全国劇場で順次公開中。

@momokoando 安藤 桃子
映画監督 1982年東京生まれ

高校時代よりイギリスに留学、ロンドン大学芸術学部を次席で卒業。
その後ニューヨーク大学で映画作りを学び、監督助手として働く。
2010年4月、監督・脚本を務めたデビュー作『カケラ』が、ロンドンのICA(インスティチュート・オブ・コンテンポラリー・アート)と東京で同時公開され、その他多数の海外映画祭に出品、国内外で高い評価を得る。
2011年に幻冬舎から初の書き下ろし長編小説『0.5ミリ』を刊行。現在、文庫版が幻冬舎から発売中。
また、同作を自ら監督した映画『0.5ミリ』が2014年秋より、全国公開決定。
安藤ならではの独創的な世界観で雑誌のフォトグラファー等に携わる一方、講演会やトークショーなど多岐に渡り活動中。

→奥田瑛二、安藤桃子に関するお問い合わせはこちら

TOP